qrcode.png
http://www.zenkokukateika-zkk.org/
モバイルサイトにアクセス!
全国家庭科教育協会
〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-20-6
家庭クラブ会館2F
TEL.03-3370-4042
FAX.03-3370-4070
E-mail : zenkokukateika-zkk@ia3.itkeeper.ne.jp
迷惑メール対策のため「@」を全角にしています。
メールを送る際は、半角に置き換えてください
021273
 

入会のお誘い

 

全国家庭科教育協会(略:ZKK)加入のお誘い

全国家庭科教育協会(略:ZKK)加入のお誘い
 
 
  
 こんにちは。先生方には毎日お忙しくお過ごしのことと存じます。
 私は、全国家庭科教育協会(ZKK)事務局長の羽野 みき子と申します。東京都立高等学校で家庭科教員として38年間勤務しておりました。高等学校家庭科の男女必履修が始まった年から、NHK教育TVの高校家庭科番組「おとことおんなの生活学」「家庭総合」の講師を16年間務め、また東京都教育庁指導部高等学校教育指導課で家庭科の指導主事を経験しました。授業を通して、或いは生徒との様々な交流を通して、「家庭科の教師になって本当に良かった!」「高校家庭科は、生徒にとってこんなにも大切な教科なのだ。」との思いを年々強く感じてきました。
 未だに“英数国理社”を「主要教科」などと言っている人(特に他教科教員!)がいますが、大学受験教科であるだけでその後の人生でどこが主要なのだろう?では、家庭科は“枝葉教科”なのか?えだは=枝葉(しよう)こそ、正に人生のし()よう→主要教科だとの思いは今でも変わりません!
 特にこれからの社会はAIが更に発達し、政府が掲げる「Society5.0」で強調されているように力仕事やデータの分析などはロボットやコンピュータに任せられると言われますが、そんな時代だからこそ“お仕着せ”ではない“自分らしい”人生を送るためには、自分自身を見つめる力・意思決定能力、周りの人との共生力・共感力がなければならないと考えます。皆様はどのように思われますか。
 本協会の会長である河野 公子は、文部科学省教科調査官、主任視学官を務め、私以上に家庭科教育への強い愛情をもっております。
 「全国家庭科教育協会」(以下:ZKK)については既にご存じかも知れませんが、是非ご入会をご検討いただきたく、この事務局便りと共に、本協会のホームページ(以下:HP)もご覧ください。機関誌「家庭科」の表紙に執筆者と執筆テーマが掲載されています。年会費支払方法も参考にご覧いただきたいと思います。ご入会は、HPの「新入会申込書」をプリントアウトして必要事項をご記入後、メールまたはファックスで送信後、会費を振込んでください。
 2018年度の機関誌「家庭科」の内容は“SDGsを実現する”としています。既に授業でSDGsを取り上げている先生は多いかと思いますが、SDGsの目指していることが、家庭科教育で育てたい資質や能力といかに一致しているかに今更ながら驚いています。
 さて、既にお聞き及びのことと思いますが、文部科学省は3月28日「高等学校学習指導要領における家庭科の履修学年に関する改正について」(通知)を各教育委員会に出しました。それによると、「家庭基礎」は原則として入学年次及びその次の年次の2か年のうちに履修させる、「家庭総合」は、内容のCについては、原則として入学年次及びその次の年次の2か年のうちに取り上げること、と追加されたので、3年次履修という最悪パターンは逃れることができました。私共ZKKが団体として、また各常任理事の先生方が個人として多くのパブコメを寄せた結果だと思います。今後は各学校で各先生方が、生徒の実態等を挙げながら教育課程を編成していくことになります。
 こうした現状を考えるとき、是非一人でも多くの家庭科の先生方にZKKの会員になっていただき、数を力に変え、知恵を出し合い、家庭科教育が未来を担う子どもたちを育てるのだという気概をもち、教科はもちろん、学校内の仕事にも積極的にかかわっていくこと、共感者・協力者を増やしていくことが重要だと思います。
 このような中、ここ数年研究大会で“第○回全国家庭科教育協会研究大会 決議”(HP参照)を満場一致で採択しています。こうした“決議”の効力については、やはり団体としての組織力、つまり会員数が重要な鍵になります。
 現在、私どもの会員の8割以上は国公私立の高等学校家庭科教師です。というのは、小学校には「全国小学校家庭科研究会」、中学校には「全日本中学校技術・家庭科研究会」がありますが、高等学校家庭科教育については、
全国組織がありませんので、私ども全国家庭科教育協会(ZKK)がその役割の一端を担っています。ZKKは、小・中・高校・大学で家庭科教育に携わっている先生方を会員とする全国でただ一つの研究団体です。“数は力!なり” 私共の力になるのは、全国の先生方の会員数です。一人でも多くの先生のご入会をお願いいたします。
 

*機関誌「家庭科」の発行

*機関誌「家庭科」の発行
 
 会員の先生方をつなぐ機関誌「家庭科」は、年5回(5・7・10・12・3月)発行お届けしています。各号にサブテ
ーマを設け、テーマ関連の原稿を3名の方に執筆いただき、また、小・中・高校の先生に授業実践報告各4頁を執筆いただいています。先にも書きましたが、2018年度は「SDGsを実現する」を各号テーマとしました。2019年度は“人生100 新たな社会を生きるをテーマとして、「Society 5.0」 を取り上げて編集計画を進めています。
 昨年のことですが、指導主事のご推薦により「授業実践報告」のご執筆をある会員の先生にご依頼するお電話を差し上げたところ、ご執筆を快諾していただきました。その際に、“執筆のご参考にバックナンバーを送付いたします”と申し上げたところ、“「家庭科」ですね。あれは私の宝物ですからもっております”とおっしゃっていただきました。とても嬉しく、編集担当の常任理事の先生方にご報告し、苦労が報われますね!と話したことでした。既刊誌の内容・執筆者等については、HPをご覧ください。一冊(送料込)1,000円でお送りさせていただきます。
 

*研究大会

*研究大会
 
 年一度の「研究大会」は今年度で第70回目になります。8月6日(火)・7日(水)の2日間、新宿の「文化学園大学」を会場に開催します。昨年の講演では、十文字学園女子大学理事・特任教授 内田 伸子先生に「子どもの発達と心理」~どの子も伸びる共有型しつけのススメ と題して、幼児期の保護者や大人との関わりの重要性について脳科学や様々な客観的なデータを交えて、具体的に分かりやすく学ぶことができました。待つこと、聞くこと、誉めることの重要性を再認識し、また「大切なことは言わない」という教育の根幹について改めて実感させられました。LGBT・特別支援・早期英語教育など、時代を反映する内容も盛り込まれ、科学的知見からのアプローチと内田先生の温かいまなざし、アナウンサーのような心地よい語り口に、皆時間を忘れ引き込まれたご講演でした。      
 研究大会2日目午後の校種別研修会(高等学校部会)は、3月27日に実施した春期研修会と同様に、授業内容・方法をメインにした研修とグループ協議を行う予定です。ご期待下さい!
 

*本協会主催の研修会

*本協会主催の研修会
 

 

夏期研修会研究大会に続く8日東京で「授業に生かす衣生活研修会」、9日東京ガスにて「授業に生かす食生活研修会」を開催します。今年度も夏期研修会の一層の充実を図り、東京に加えて地方2ヶ所程度で「授業に生かす衣生活研修会」を開催します。(詳細は5月中旬以降にHPにてご確認ください)        
春期研修会去る3月27日(水)に新学習指導要領を視野に入れた“新しい授業展開”(「家庭基礎」2単位)の研修会を実施しました。前回の春期研修会での、『本質的な問い』、『永続的理解』、一昨年研究大会2日目午後の高等学校部会での研修をさらに深められるものでした。小・中・高校家庭科の系統性における各領域の「本質的な問い」を作り、各単元レベルでの「本質的な問い」「永続的理解」、パフォーマンス課題、ルーブリック作りをグループワークを中心に作成して研究協議をしました。60名以上の先生が参加されて、大変満足度の高い充実した研修会となりました。(定員に達したためお断りした先生方、申し訳ありません。)

 

*会費の納入について

*会費の納入について
 

 年会費1人5,000円(2020年度から、6,000円となります‥)は、私立学校の場合は「会費」として学校予算から出していただけます。国公立学校の場合は教科予算、PTA費等から多くは「機関誌購読料」、もしくは「会費」として払っていただけます。「入会申込み」のご連絡があれば、会費の「請求書」や機関誌年間5冊分5,000円の「見積書」「納品書」「請求書」を作成してお送りしますので、あとは事務担当者と私ども事務局のやりとりだけです。 

会員の先生の研究大会、及び各研修会への参加については「派遣依頼状」を各所属長にお出しします。
必要な方は参加申込書に書き添えてください。出張扱いになり旅費と参加費用も学校から出た方もいらっしゃいました。参加費を出してくださる学校は多くあります。また当日は、「研修」扱いになります。
 
<<全国家庭科教育協会(ZKK)>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-20-6  家庭クラブ会館2F TEL:03-3370-4042 FAX:03-3370-4070