qrcode.png
http://www.zenkokukateika-zkk.org/
モバイルサイトにアクセス!
全国家庭科教育協会
〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-20-6
家庭クラブ会館2F
TEL.03-3370-4042
FAX.03-3370-4070
E-mail : zenkokukateika-zkk@ia3.itkeeper.ne.jp
迷惑メール対策のため「@」を全角にしています。
メールを送る際は、半角に置き換えてください
010515
 

入会のお誘い

 

全国家庭科教育協会(略:ZKK)加入のお誘い

全国家庭科教育協会(略:ZKK)加入のお誘い
 
 
   こんにちは。先生方には毎日お忙しくお過ごしのことと存じます。

私は、全国家庭科教育協会(ZKK)事務局長の羽野みき子と申します。東京都立高等学校で家庭科教員として38年間勤務しておりました。高等学校家庭科の男女必履修が始まった年から、NHK教育TVの高校家庭科番組「おとことおんなの生活学」「家庭総合」の講師を16年間務め、また東京都教育庁指導部高等学校教育指導課で家庭科の指導主事を経験しました。授業を通して、或いは生徒との様々な交流を通して、「家庭科の教師になって本当に良かった!」「高校家庭科は、生徒にとってこんなにも大切な教科なのだ。」との思いを年々強く感じてきました。

本協会の会長である河野公子は、文部科学省教科調査官、主任視学官を務め、私以上に家庭科教育への強い愛情をもっております。

「全国家庭科教育協会」(ZKK)については既にご存じかも知れませんが、是非ご入会をご検討いただきたく、この事務局便りと共に、機関誌「家庭科」の表紙(執筆者とテーマ掲載)、年会費支払の方法を参考にご覧いただきたいと思います。ご入会は、新入会申込書に必要事項をご記入後、メールまたはファックスで送信してください。

機関誌「家庭科」でH.27年度・28年度と2年間掲載した年間シリーズ「諸外国の家庭科教育」はとても興味深いものでした。中でも、27年度5号(283月発行)の「アメリカ合衆国の家庭科教育」をご執筆された、ミネソタ大学名誉准教授 イボンヌ・ゲンツラー氏(翻訳:文科省教科書調査官 片田江 綾子氏)によるアメリカでの中等教育段階での家庭科が充実した内容をもちながらも、教科名称変更がきっかけで「必修」から「選択」になったり、他の学問に統合されてしまったとの事実は大変衝撃的でした。家庭科が選択になったり、教科そのものが存在しなくなったりした時、初めて家庭科の担当者は、「自分の教科がなくなるとは思ってもみなかった」と後悔したと聞き、他人ごとではない気がしました。

2020年より、外国語活動(事実上の英語学習)が34年から、教科としての外国語(英語)が56年からスタートします。指導の教員や研修などさまざまな問題点が指摘されていますが、個人的には、総授業数が変わらないのに、どこからその時間を捻出するのかがとても気がかりでいます。家庭科は、“絶滅危惧教科”などと言われ、年々授業時数が減ってきています。このような時に、私たち家庭科関係者は、家庭科でどんな資質・能力を育てるのかを常に意識して授業改善を図り、生徒や保護者から重要な教科であると評価される指導力とそれらのエビデンスをもっている必要があります。先ほど挙げたゲンツラー氏は、原稿の最後に“これからの家政学・家庭科のために”として、大変示唆に富む具体的な5つの提言をしてくださっています。(是非お読みになってください)「家政学・家庭科の使命をサポートしてくれる人々(例えば、医療関係者、社会福祉関係者、他教科の教員など)に、私たちが行っていることについて理解してもらい、“同盟関係”を結ぶのもひとつです。ビジネス業界や産業界の人々を学会などに招き、どのような協力ができるか講演会で話してもらうのもよいでしょう。家政学・家庭科は時代を超えて必要な、いわば「タイムレス(timeless)」な学問・教科です。私たちは、来るべき世代の生活の質を向上させるという使命とともに歩んでいるのです。これまでも、そしてこれからも。」と、結んでいます。変な言い方ですが、良心的なだけでは駄目で、さまざまな戦略をもつことが必要だと感じます。そのためには、プライドをもって結束すること、英知を出し合うことが必要なのだと思いました。

その意味でも、是非一人でも多くの家庭科の先生方にZKKの会員になっていただき、数を力に変え、知恵を出し合い、家庭科教育が未来を担う子どもたちを育てるのだという気概をもち、教科はもちろん、学校内の仕事にも積極的にかかわっていくこと、共感者・協力者を増やしていくことが重要だと思いました。

そのような中、昨年8月の研究大会では、“第67回全国家庭科教育協会研究大会 決議”(HP参照)を満場一致で採択しました。こうした“決議”の効力については、やはり団体としての組織力、つまり会員数が重要な鍵になります。そのほかにも、河野公子会長を中心に、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)を提出したり、家庭科教育を一層充実させるための活動を積極的に行っております。現在、私どもの会員の8割以上は国公私立の高等学校家庭科教師です。というのは、小学校には「全国小学校家庭科研究会」、中学校には「全日本中学校技術・家庭科研究会」がありますが、高等学校家庭科教育については、全国組織がありませんので、私ども全国家庭科教育協会(ZKK)がその役割の一端を担っています。ZKKは、小・中・高校・大学で家庭科教育に携わっている先生方を会員とする全国でただ一つの研究団体です。“数は力!なり” 私共の力になるのは、全国の先生方の会員数です。「大会決議」等を一層実効性のあるものにするためにも、一人でも多くの先生の入会をお願いいたします。

 

*機関誌「家庭科」の発行

*機関誌「家庭科」の発行
 

会員の先生方をつなぐ機関誌「家庭科」は、年5回(5710123月)発行お届けしています。各号にサブテーマを設け、テーマ関連の原稿を3名の方に執筆いただき、また、小・中・高校の先生に授業実践報告各4頁を執筆いただいています。平成29年度年間テーマは「豊かな感性をみがく」、“年間シリーズ”は、「技を極める」を取り上げます。1号「味覚教育」、2号「のびやかな学び」の小テーマでご執筆を依頼しました。あの佐藤学先生にも2号の原稿をご依頼しました。佐藤学先生にはH.242号にも「未来を見つめる家庭科の学び」と題してご執筆いただき、“家庭科教育の目的は「質の高い生活」を実現するための「科学」と「文化」(知恵と技)の「達人」を育てることにある”とのお考えを示していただきました。今回は「のびやかな学び」でどのようなお考えを示していただけるか楽しみにしています。

話は変わりますが、先日指導主事のご推薦により「授業実践報告」のご執筆をある会員の先生にご依頼するお電話を差し上げたところ、ご執筆を快諾していただきました。その際に、“執筆のご参考にバックナンバーを送付いたします”と申し上げたところ、“「家庭科」ですね。あれは私の宝物ですからもっております”とおっしゃっていただきました。とても嬉しく編集担当の常任理事の先生方にご報告し、苦労が報われますね!と話したことでした。既刊誌の内容・執筆者等については、ホームページをご覧ください。一冊(送料込)1,000円でお送りさせていただきます。

 

*研究大会

*研究大会
 

年一度の「研究大会」は今年度で第68回目になります。88() 9()2日間、新宿にある「文化学園大学」を会場に開催します。昨年の目白大学人間学部 教授 学部長 多田 孝志 先生による「グローバル時代の対話型授業」のご講演は、周りの人と握手したり、初めて会った人を30秒間誉めましょうなど、何度もアクティビティが入った楽しい講演でした。研究大会2日目午後の校種別研修会:高等学校部会では「家庭科の授業改善をめざした事例研究とワークショップ」として、アクティブ・ラーニングの代表的なグループ技法である「ジグソー学習」について実践事例から学び、授業改善につながるワークショップを実施しました。

 

*本協会主催の研修会

*本協会主催の研修会
 

 夏期研修会研究大会に続く翌日に、東京で「授業に生かす食生活研修会」と「授業に生かす衣生活研修会」を開催します。今年度も夏期研修会の一層の充実を図り、大阪ガスでの「授業に生かす食生活研修会」、茨城県と岩手県の2県で「授業に生かす衣生活研修会」を開催します。(詳細は、5月中旬以降にホームページにてご確認ください)

 春期研修会昨年度は327()に「生活設計の指導についての講義と授業設計」の研修会を実施しました。参加の先生方の数は少なかったものの、「生活設計(人生を見通す)の指導」を家庭科の基軸であるととらえ、アサーショントレーニングや即答フリップ方式などすぐ活用できる手法を学ぶことができたなど好評でした。(今年度の内容は検討中。)

 

*会費の納入について

*会費の納入について
 

 年会費15,000円は、私立学校の場合は「会費」として学校予算から出していただけます。国公立学校の場合は教科予算、PTA費等から多くは「機関誌購読料」、もしくは「会費」として払っていただけます。「入会申込み」のご連絡があれば、会費の「請求書」や機関誌年間5冊分5,000円の「見積書」「納品書」「請求書」を作成してお送りいたしますので、あとは事務担当者と私ども事務局のやりとりだけです。会員同士学び合い・励まし合うことができる研究会です。家庭科教育の発展・充実のため、多くの先生方のご入会をお待ちしております。  

<<全国家庭科教育協会(ZKK)>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-20-6  家庭クラブ会館2F TEL:03-3370-4042 FAX:03-3370-4070