qrcode.png
http://www.zenkokukateika-zkk.org/
モバイルサイトにアクセス!
全国家庭科教育協会
〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-20-6
家庭クラブ会館2F
TEL.03-3370-4042
FAX.03-3370-4070
E-mail : zenkokukateika-zkk@ia3.itkeeper.ne.jp
迷惑メール対策のため「@」を全角にしています。
メールを送る際は、半角に置き換えてください
016226
 

入会のお誘い

 

全国家庭科教育協会(略:ZKK)加入のお誘い

全国家庭科教育協会(略:ZKK)加入のお誘い
 
 
  
 こんにちは。先生方には毎日お忙しくお過ごしのことと存じます。
 私は、全国家庭科教育協会(ZKK)事務局長の羽野 みき子と申します。東京都立高等学校で家庭科教員として38年間勤務しておりました。高等学校家庭科の男女必履修が始まった年から、NHK教育TVの高校家庭科番組「おとことおんなの生活学」「家庭総合」の講師を16年間務め、また東京都教育庁指導部高等学校教育指導課で家庭科の指導主事を経験しました。授業を通して、或いは生徒との様々な交流を通して、「家庭科の教師になって本当に良かった!」「高校家庭科は、生徒にとってこんなにも大切な教科なのだ。」との思いを年々強く感じてきました。
 本協会の会長である河野 公子は、文部科学省教科調査官、主任視学官を務め、私以上に家庭科教育への強い愛情をもっております。
 「全国家庭科教育協会」(ZKK)については既にご存じかも知れませんが、是非ご入会をご検討いただきたく、この事務局便りと共に、本協会のホームページ(以下、HP)もご覧ください。機関誌「家庭科」の表紙に執筆者と執筆テーマが掲載されています。年会費支払の方法も参考にご覧いただきたいと思います。ご入会は、HPの「新入会申込書」をプリントアウトしていただいて、必要事項をご記入後、メールまたはファックスで送信後、会費を振込んでください。
 2018年度の機関誌「家庭科」の内容は“SDGsを実現する”としています。既に授業でSDGsを取り上げている先生は多いかと思いますが、家庭科で何を目標にどのように取り組むか、生徒に何を学ばせるのかということを、様々な観点から編集しているところです。参考になるのは、昨年11月5日発行の[朝日新聞グローブ]です。未来をあきらめない SDGsで見る世界 をテーマに、国谷裕子キャスターが特別編集長で編集しています。家庭科で、そのまま授業で使えそうな記事として、“その服、誰が作ったの?”“食品、捨てたら罰金49万円”などがあります。5月10日発行の機関誌1号では、SDGsを取り上げる教育的意義と共に、この取材に加わった朝日新聞の北郷美由紀記者が家庭科教育にシフトしてご執筆してくださいました。どうぞご期待ください。現在、2号を編集中ですが、SDGsが目指していることが、これからの家庭科教育で育てたい資質や能力といかに一致しているかに今更ながら驚いています。
 さて、文部科学省は2018年2月14日「高等学校学習指導要領」の改訂案を公開しました。それによると、家庭科との内容のダブリを危惧していた新設科目「公共」は、その内容が明らかになったため少し安心しましたが、教科公民の必履修科目となり、しかも第3款に「1,2学年指定」が盛り込まれています。
 これまでの教育課程編成でも、どの教科も必履修科目を1学年に置きたがり、“受験”という名目で増単してきます。現在「家庭基礎」であっても、2学年に設置されている学校が少なからずあると聞いています。新学習指導要領にも、家庭科には学年指定の規定がないため、学校裁量で判断され、家庭科を3年で履修という流れになることが大いに考えられます。3年は受験のため1月末まで、或いはセンター試験前までの授業となり、10時間程度授業時間が使えなくなります。このような教育課程では、高等学校家庭科の更なる衰退が予想されます。
 ZKKでは、協会として、或いは常任理事の各自が3月15日まで受付けのパブコメに、それぞれの立場から1学年で学ぶことの意義や説得力のある理由を挙げ、とりわけ「家庭基礎」は原則、第一学年で履修する、と第3款で明記してほしいという要望を出しました。
 上記のような現状を考えるとき、是非一人でも多くの家庭科の先生方にZKKの会員になっていただき、数を力に変え、知恵を出し合い、家庭科教育が未来を担う子どもたちを育てるのだという気概をもち、教科はもちろん、学校内の仕事にも積極的にかかわっていくこと、共感者・協力者を増やしていくことが重要だと思います。
 そのような中、昨年8月の研究大会では、“第68回全国家庭科教育協会研究大会 決議”(HP参照)を満場一致で採択しました。こうした“決議”の効力については、やはり団体としての組織力、つまり会員数が重要な鍵になります。そのほかにも、河野公子会長を中心に、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)を提出したり、家庭科教育を一層充実させるための活動を積極的に行っております。
 現在、私どもの会員の8割以上は国公私立の高等学校家庭科教師です。というのは、小学校には「全国小学校家庭科研究会」、中学校には「全日本中学校技術・家庭科研究会」がありますが、高等学校家庭科教育については、全国組織がありませんので、私ども全国家庭科教育協会(ZKK)がその役割の一端を担っています。ZKKは、小・中・高校・大学で家庭科教育に携わっている先生方を会員とする全国でただ一つの研究団体です。“数は力!なり” 私共の力になるのは、全国の先生方の会員数です。一人でも多くの先生の入会をお願いいたします。
 
 

*機関誌「家庭科」の発行

*機関誌「家庭科」の発行
 
 会員の先生方をつなぐ機関誌「家庭科」は、年5回(5・7・10・12・3月)発行お届けしています。各号にサブテーマを設け、テーマ関連の原稿を3名の方に執筆いただき、また、小・中・高校の先生に授業実践報告各4頁を執筆いただいています。平成30年度年間テーマは「豊かな感性をみがく」、“年間シリーズ”は、「技を極める」を取り上げます。先にも書きましたが、今年度は「SDGsを実現する」を各号テーマとします。
 話は変わりますが、先日指導主事のご推薦により「授業実践報告」のご執筆をある会員の先生にご依頼するお電話を差し上げたところ、ご執筆を快諾していただきました。その際に、“執筆のご参考にバックナンバーを送付いたします”と申し上げたところ、“「家庭科」ですね。あれは私の宝物ですからもっております”とおっしゃっていただきました。とても嬉しく、編集担当の常任理事の先生方にご報告し、苦労が報われますね!と話したことでした。既刊誌の内容・執筆者等については、HPをご覧ください。一冊(送料込)1,000円でお送りさせていただきます。
 

*研究大会

*研究大会
 
 年一度の「研究大会」は今年度で第69回目になります。8月7日(火)・ 8日(水)の2日間、新宿にある「文化学園大学」を会場に開催します。昨年は、大和総研の 河口 真理子 氏による「社会を良くするためにお金に働いてもらおう」という講演をしていただきました。従来の家庭科教育では扱ってこなかった、自分のお金をどこかに託す(従業員として働く・製品を買う・投資する)ことによって、そのお金を融通された人が社会にそのお金を使って活動し、社会の活動に活かしていくというお金の流れについて、新しい観点からの「お金の使い方の意思決定」について学ぶことができました。      

 研究大会2日目午後の校種別研修会:高等学校部会では京都大学大学院 北原琢也先生にご指導いただき、「生徒の学びの変革を目指すパフォーマンス課題づくり」について、個人ワークとグループワークにより理解を深めました。学校現場では、少ない単位数での指導について悩むことが多くありますが、今回は、パフォーマンス課題づくりの手順に従って、何を身につけさせたいのかという「本質的な問い」を明確にし、「永続的理解」を目指して、「パフォーマンス課題づくり」をする過程で、先生方に「どういう流れで授業をすればよいのか?」という問いが生まれてくることを期待するものでした。いま注目されている“逆向き授業設計論”参加の先生方と頭を悩ませながら一緒に研修しました。

 

*本協会主催の研修会

*本協会主催の研修会
 

 

 夏期研修会:研究大会に続く9日東京で「授業に生かす食生活研修会」と「授業に生かす衣生活研修会」を開催します。今年度も夏期研修会の一層の充実を図り、東京ガスに加えて大阪ガスでの「授業に生かす食生活研修会」、東京に加えて茨城県と愛知県の3か所で「授業に生かす衣生活研修会」を開催します。(詳細は5月中旬以降にHPにてご確認ください)

 

 春期研修会:3月27日(火)に『主体的・対話的で深い学び』を目指すパフォーマンス評価~『本質的な問い』、『永続的理解』、パフォーマンス課題、ルーブリックを作ろう~  研究大会2日目午後の高等学校部会での研修をさらに深められるものでした。小・中・高校家庭科の系統性における各領域の「本質的な問い」を作り、各単元レベルでの「本質的な問い」「永続的理解」、パフォーマンス課題、ルーブリック作りをグループワークを中心に作成して研究協議をしました。

50名以上の先生が参加されて、研修後のグループでは、メルアドを交換する風景が見られました。(今年度の内容は検討中。)

 

*会費の納入について

*会費の納入について
 

 年会費1人5,000円は、私立学校の場合は「会費」として学校予算から出していただけます。国公立学校の場合は教科予算、PTA費等から多くは「機関誌購読料」、もしくは「会費」として払っていただけます。「入会申込み」のご連絡があれば、会費の「請求書」や機関誌年間5冊分5,000円の「見積書」「納品書」「請求書」を作成してお送りいたしますので、あとは事務担当者と私ども事務局のやりとりだけです。

学び合い・励まし合うことができる研究会です。家庭科教育の発展・充実のため、多くの先生方のご入会をお待ちしております。  

会員の先生の研究大会、及び各研修会への参加については「派遣依頼状」を各所属長にお出しします。
必要な方は参加申込書に書き添えてください。出張扱いになり旅費と参加費用も学校から出た方もいらっしゃいました。参加費を出してくださる学校は多くあります。また当日は、「研修」扱いになります。
 
<<全国家庭科教育協会(ZKK)>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-20-6  家庭クラブ会館2F TEL:03-3370-4042 FAX:03-3370-4070